給水管引込工事 in 駿河区

取扱いメーカー
meterbox

駿河区の 給水引込工事が 無事 終わりました

このあたりでは、みなさん井戸水を利用していたようです。
道路に埋まっている静岡市管理下の配水管から、
宅地内にお水を引く工事 ⇒ 分水引込工事
を、6月中旬に行いました。

給水配水管がどの辺に埋まっているのか、詳細データが残っておらず、
市の給水装置係からは「掘って探してください」との事。

長年の経験で、交差点にある仕切弁の位置や下水道の位置からして、
まずは歩道の下から掘り進めてみよう、とはじめたところ、
なんと歩道の下に埋まっていたそうです!

いつも、この配水管を見つけるのが大変らしいです。
無かったら、道路反対側に向かって、どんどん掘り進めなければ
なりませんから、今回はラッキーです。
さすがですね!

安全対策

ガードマン2名お願いしました。

safety-measure
safety-measure

穿孔作業

今回分水する配水管は DIP250
内径250ですから、なかなか太いですね。
配水管内に汚れが入らない様、処置をして、
また、はぜて水が噴き出したりしないように、装置をつけて
穿孔します。

作業の皆さん、慣れてますね。
私は、穿孔届出書を提出してあります。
何かあった時には、市の職員さんが飛んでくるそうです。

protection

洗管

新しくつないだパイプに水が通ったら、まず内部をきれいにします。

砂埋め

新しく布設された引込管は、防蝕防止フィルムにくるまれて、
砂で保護されます。

埋戻し

道路部分は規定に従って、転圧しながら埋め戻します。

backfill

メータボックス設置

meterbox
faucetpillar

ここまでの施工写真を提出して、
水道局でメータ出庫してもらいます。

残留塩素確認

安全なお水であることを確認

residual-chlorine-test

仮舗装復旧完成

restoration

仮舗装復旧後、養生期間を経て
本舗装復旧が行われます。
静岡市水道局指定工事店協同組合に申込済です。

工事用仮設完成

restration
temporary-construction

まずは、宅地内にお水を引く工事は完了です。
これから、建物の工事が始まります。
建物の完成が楽しみですね。

PAGE TOP